足の臭いを消すサプリ特集

足の臭いは体臭の中でも他の人に気づかれやすい臭いの一つです。臭い自体が強烈であることに加え、靴を脱いだりしたタイミングで溜まっていた臭いが一気に放出されるわけですから、靴を脱ぐようなことがあれば気づかれないわけがありません。

 

そこで事前の対策が重要となるわけです。足の臭い対策グッズは数多くありますが、効果の高さはもちろん手軽さも重視したいところです。

 

事前に飲食店などで靴を脱ぐことがわかっているならば多少面倒でも対策を行うでしょうが、不意に靴を脱ぐことを迫られるということは意外にあるものですから、そんなときに面倒で対策していなかったから臭ってしまうというのではいけません。毎日習慣として続けられそうな臭い対策サプリを選びましょう。

 

臭ピタッの特徴

臭ピタッは足の臭いだけでなく体臭全般に効くサプリメントで、森の樹木の成分であるフィトンチッドを摂取することで体内で発生する悪臭の元となる成分をマスキングします。いわば体内で臭いの大本を消臭してくれるわけですから、手軽でかつ他の嫌な臭いも消してくれる非常に便利なサプリメントです。特に中高年で加齢臭が気になり始めた方には、臭ピタッでトータルな臭い対策を行うことをお勧めします。

価格 1080円
評価 評価5
備考 3日以内に実感が75%!

 

パクチーエナジーゴールドの特徴

エスニック料理でよく用いられるパクチーの有効成分を凝縮したのがパクチーエナジーゴールドです。パクチーにはきわめて強力な抗酸化成分が含まれており、これが体内で嫌な臭いの原因となる脂質の酸化などを強力に予防します。このサプリメントも体臭全般の軽減に役立つ便利なグッズであり、毎日2粒飲むだけで体臭対策は全て完了です。手軽さと効果の高さを両立している点が人気の秘密です。

価格 2050円
評価 評価4.5
備考 キャンペーン特別価格

 

バラかほるサプリの特徴

バラの中でも最高品質と言われる品種の一つ、ダマスクローズのオイルを100%配合したサプリメントがバラかほるサプリです。飲む香水とも言われるこのサプリメントは、単にバラの香りがするだけでなく悪臭の原因成分にも作用するため、消臭効果も持ち合わせます。バラの香りもほのかでマスキング効果が強いため、悪目立ちしたり体臭と混じって嫌なにおいになることはありません。さりげない良い香りがイメージアップにつながること請け合いです。

価格 2160円
評価 評価4
備考

 

サプリ以外の足の臭い対策には足のケアが大切

 

足の臭いを撃退するには、きちんと足を洗うなどしっかりケアすることが大切です。毎日入浴時に、足の裏や指の間をゴシゴシと洗うのに、お風呂から出るともう足が臭うという経験ありませんか?通常ボディソープを使って、体を洗うときに一緒に足も洗いますよね。

 

しかし、殺菌力の弱いタイプのボディソープだといくら泡立ててこすっても、臭いの元となる雑菌を除去しきれていないため、臭いは解消されていないのです。

 

足を洗う際は、雑菌力の高い固形石鹸や足専用ソープなどを使って、二度洗い位するとよいでしょう。更に足を洗う時、足の裏や指の間はきちんと洗うのに、くるぶしなどはあまりしっかり洗わない人もいます。くるぶしにも汗や垢が溜まるので、念入りに洗うようにしましょう。

 

そして足の裏の皮膚も、新しい肌細胞に生まれ変わるターンオーバーが絶えず行われ、古い角質が溜まっています。この古い角質は、雑菌が繁殖する際の養分となり、雑菌が古い角質を分解して増殖するのに悪臭が発生します。

 

靴の中が蒸れるとより臭いがきつくなるのは、湿気を帯びると足の古い角質ははがれやすくなり、雑菌が増殖する環境が整うからです。

 

足の臭い対策としては、足の古い角質をきちんと除去しておくことも大切です。お風呂で足を温め、足の裏の皮膚が少し柔らかくなったところを手で足こすっても取れますが、軽石や角質除去専用のシートなどを使うと、ポロポロと簡単にとれるのでおすすめです。

 

足の臭いの原因となる雑菌とは?

 

私たちの体には、汗を出す汗腺が2種類も存在しています。アポクリン腺は、脇の下や陰部などにあって、脂肪酸など臭いの元となる物資が汗に主成分となっています。一方エクリン腺という汗腺は、体の至るところにありますが、特に足の裏に多いのが特徴です。

 

汗の成分がほぼ水分なので臭いはほとんどありませんが、足の裏に汗をかくとなぜかとてもきつい悪臭を放ちます。というのも足の裏の臭いが、汗の臭いではなく足の裏についている雑菌が原因だからです。

 

足の裏は角質が特に分厚いので、汗をかくことで角質の表面が剥がれ落ちた状態になり、溜まった垢を雑菌が分解して、どんどん増殖して汗と混じり合い、悪臭を放つのです。

 

特に足の裏の臭いの元となるのが、白癬菌という雑菌で水虫の原因菌としてもよく知られています。白癬菌は人間の垢が存在する場所で、増殖を繰りかえします。

 

特に湿気があって温かい場所を好むため、条件が整えば白癬菌の活動が活発化してきます。汗をかいてなま温かく湿っぽい足の裏は、雑菌繁殖の格好の場所になるのです。

 

また、足の中でも特に足の指の間は、汗をかいた時点で温度は30℃以上、湿度は実に95パーセントとかなりじめじめした環境になっています。足に指の間は体の中で、最も水虫ができやすことから、白癬菌が常在し繁殖を繰り返すには最適なのです。

 

またブーツや長靴、革靴など空気が通らない、通気性が悪い靴を長時間履いて仕事をする人などは足に汗をかいて靴の中が蒸れます。そうなると、他の雑菌にも快適な環境となり、足の臭いもとてもきつくなると言えます。

更新履歴