足の臭いが10円硬貨で取れるって本当?

足の臭いを消すのに意外と身近なものも役立ちますが、実は10円硬貨も使えます。10円硬貨は赤茶色をしている事からもわかるように、銅を含んでいます。銅は体から出る汗に反応すると、銅イオンを放出する性質があります。

 

この銅イオンには、臭いの元となる白癬菌などの雑菌の繁殖を抑え、除去するという作用があります。

 

このように10円硬貨には優れた消臭効果を持つので、足の臭い対策には最適なのです。

 

しかも10円硬貨は財布に入っているので、新たに消臭グッズを購入しなくてもよいのでとても経済的だとも言えます。10円硬貨を使った足の臭い対策としては、靴の中に入れておくとよいでしょう。

 

特に革靴などは足の臭いがこもりやすので、臭いままの靴を何日も履いてしまうと更に足の臭いがきつくなってしまいます。

 

そこで、靴に10円硬貨を入れておき、靴の中の雑菌を銅によって除去してもらうのが効果的です。片方で大体4枚から5枚位入れておくと、かなり臭いが取れます。

 

ただ、長期間入れたままにすると銅から緑青色の色が出てくるので、靴の中敷がシミになったり、そのまま履くと靴下に色がつきます。更に、湿気が多いので靴にカビが生えやすいため、気をつけなければなりません。

 

そうなると、一晩から二晩位10円硬貨をシューズキーパーと一緒に入れておく程度が最もよいのかもしれません。

 

ただ面倒だからといって、10円硬貨を入れたまま靴を履いてしまうのは、靴下に色がつくし、お金を踏んで歩くことになるのであまりおすすめしません。