加齢と共に足の臭いもきつくなる

中高年になると、何となく体臭や足の臭いがきつく感じるという人も多いですよね。

 

実は汗だけではなく、年齢を重ねると発生する加齢臭も足の臭いをきつくしている原因の一つと言われています。

 

加齢臭というのは、ノネナールという悪臭成分が引き起こしているものです。

 

ノネナールという成分は、皮膚の皮脂腺から分泌される、脂肪酸の一種パルミトオレイン酸が空気に触れることで生じます。

 

パルミトオレイン酸は10代20代でも分泌されますが、若いときはホルモンが分泌量を抑えているので臭いを感じることがありません。

 

しかし、中高年になるとホルモンが新たに分泌されなくなり、量が減ってしまいます。そうなると必然的に臭い成分の発生を抑えるホルモンの働きも低下し、ノネラールを生成して、臭いを放ってしまうのです。

 

また、加齢臭の原因ノネナールを作りだすパルミトオレイン酸は、大体40歳位から分泌量が増えてきます。

 

更に女性よりも男性の方が分泌しやすいので、男性の方が加齢臭がきつく感じられる傾向にあります。

 

ただ足の裏には汗腺しかないので、皮脂腺から分泌されるパルミトオレイン酸は存在しないのでは?と思われがちです。

 

しかし、足の甲や指には毛穴があって、皮脂腺というのは毛穴の奥に存在するので、毛穴から加齢臭が発生していて、汗による雑菌の繁殖と相まって足全体の臭いもきつくなってしまうわ
けです。

 

年齢を重ねると、足の臭いを解消するためには、足の裏の汗ケアはもちろん、加齢臭対策も必要となってきます。