足の臭いがきつくなる食事とは?

足の臭いは食事にも関係しているので、足の臭いがきついなと感じたら自分の食生活も見直してみましょう。

 

まず、動物性タンパク質や脂肪分を多く含んだ脂っこい食事は体の代謝が活発化するので、より汗が出やすくなります。また、汗が多量に出ると体に垢となって溜まり、バクテリアなどの雑菌が増殖して、より臭いがきつくなります。

 

特に足の裏は皮膚の角質層が分厚いので、剥がれ落ちた表皮は白癬菌などの養分となって、どんどん繁殖して悪臭を放つようになります。

 

例えば、特に脂肪分の多い肉類、チーズや牛乳、バターなどの乳脂肪分、コロッケや天ぷらなどの油もの、ケーキやチョコレートなどの甘い洋菓子などが足の臭いをきつくする食べ物だと言えます。そして、ニラ、にんにくなど臭いがきつい食べ物は、代謝の際に刺激臭の成分が汗腺に送られてしまい、汗が臭くなります。

 

また、唐辛子やキムチ、カレーなどの刺激があって辛い食べ物も発汗作用が高いので、足の臭いをきつくする原因となります。

 

更に、タバコも中枢神経を刺激して発汗を促すので、汗をかきやすくなります。そしてアルコールは臭いが強いので、にんにくなどと同じように臭い成分が汗腺に送られやすくなります。

 

つまり、肉類や油物などのこってりしたものが好きで、喫煙していてお酒もよく飲むという人は必然的に足が臭くなってしまうというわけです。

 

もちろん肉類や乳製品なども体の健康のためには必要ですが、摂り過ぎは足の臭いの元となるので、野菜や魚など他の食品と同様にバランスよく摂取していくことが大切です。