足の臭い対策におすすめの靴下

足の裏には汗が出る汗腺が集中しているので、歩くだけでも汗が出やすいものです。

 

汗が出ると、足の裏の雑菌が繁殖して汗に混じっている皮脂を分解しますが、この時ツーンとした不快な悪臭を放ちます。

 

そのため、足の裏にかいた汗を吸収して皮膚の表面に残さないために、靴下を履くことが大切です。

 

靴下の中でも女性がよく履くストッキング、肌にぴったりと密着しており、通気性が悪く汗も吸いにくいのが難点です。

 

また、湿気を帯びて蒸れやすく、ストッキングの細かな繊維の間に雑菌が付着するので、臭いの原因となります。

 

つまりストッキングに革のパンプスやブーツなどを長時間履いていると、足の臭いはきつくなります。

 

ただ男性の場合は、サラリーマンだと革靴を履くことが多いので靴下を履いていても足が蒸れやすくなります。

 

そうなると、通気性が良くて汗をしっかり吸収してくれる消臭、殺菌効果のある靴下を選ぶことがポイントとなります。

 

汗をよく吸う綿素材のもので、通気性が良くて雑菌の繁殖を抑える、抗菌デオドランド作用のあるタイプなどがおすすめです。

 

また5本指の靴下は、足の指のあいだに溜まりやすい汗や皮脂をしっかり吸収し、指同士を離すことで通気性もアップするので、臭い対策には効果的です。

 

他にも雑菌の動きを抑える抗菌作用のある銀イオンや、嫌な臭いに吸着する消臭効果の高い炭などを生地に織り込んだ靴下は、洗濯しても消臭作用が消えずに持続するのでおすすめです。

 

靴下は同じものを1日履いているのではなく、1日に2回程度は履き替えるようにすると臭いも幾分おさまります。