水虫の人って足の臭いがきついもの?

足に水虫ができている人は、そうでない人よりも何となく足が臭く思われがちです。

 

そもそも水虫はカビの一種でもある、白癬菌という細菌が皮膚に入りこんでしまうことで、激しい痒みを伴って、皮膚の皮がめくれたり炎症を起こす皮膚病です。

 

白癬菌は高温多湿な場所を好んで活発化し、増殖していくという性質があります。

 

確かに白癬菌が足に常在している水虫の人は、水虫ではない人に比べると足の臭いがきつくなります。しかし水虫の人の足の臭いは、実はこの白癬菌が原因ではないのです。

 

人の体は外部から白癬菌のような異物が入ってくると、体を守らなければという機能が働きます。そのせいで皮膚にあるリンパから、リンパ液が多量に分泌され、汗と共に皮膚の角質層にたまって、皮膚がふやけた状態になります。

 

柔らかくなった皮膚へ、他の雑菌が入り込んでいき、溜まった垢を分解する際に強い悪臭を放つ脂肪酸などを生成するため、水虫の足はかなりきつい臭いになるというわけです。

 

水虫になるとまず白癬菌を殺菌して皮膚を再生しない限りは、痒みや皮膚のただれは治まりません。足の臭いがかなりキツく、足の指の間などが痒くて水ぶくれなどが見られたら水虫になっている可能性が高いので、早めに皮膚科を受診することをおすすめします。

 

水虫は主に軟膏などの外用薬や、ひどい場合は飲み薬などが処方されて治療していきます。期間が少し長引きますが、自分で治ったと思っても実はまだ完全には白癬菌が除去できていないこともあるので、しっかり最後まで薬を続けることが大切です。