足の臭いはお酢で取ろう

料理に使ったり、ドリンクとして飲むこともあるお酢も実は足の臭い対策にはとても効果があります。

 

お酢の成分は、雑菌を撃退する作用のあるクエン酸です。クエン酸は肌を酸性にし、殺菌効果の高い状態を保つため雑菌が増えるのを抑え込むので消臭効果は抜群です。

 

クエン酸は、血液の流れをスムーズにして血行を促す作用もあるので、冷え性などにも有効的です。

 

お酢はスーパーやドラッグストアなどでよく見かけるし、掃除に使うという人もいるぐらいとても身近なものです。更に価格もさほど高くないので、手軽に購入して使えるのも魅力です。

 

また健康によいとして飲んだり、酢の物などの料理に使う機会も多い健康的なものなので、体に使うことに関しては全く問題ありません。

 

使うお酢は、料理に用いる穀物酢や米酢、黒酢など何でもいいし、クエン酸パウダーを用いても構いません。

 

お酢の使い方としては、お湯の中に入れて足湯にして足を15分程度浸すのが肌にも優しいのでおすすめです。

 

ただ足に臭いがとてもきつい場合は、お酢にコットンを浸して、そのままダイレクトに足の裏や指に間などのぬったり、コットンを貼り付けてしばらくパックしておくのもよいでしょう。

 

入浴時にバスタブのお湯の中に直接入れて浸かるという方法は、手間もかからず簡単です。

 

また、靴に足の臭いがこもってしまった場合はお酢をスプレーボトルに入れて靴の中にスプレーし、そのまましばらくおいて乾かすといったケアも臭いを解消するのに効果的です。